皆さんこんにちは、Partner of Medical Translators の津村です。

過日、私の講座の受講生から次のような質問を受けました。

「日英のメディカル翻訳をしているのですが、試験の目的などで良く出てくる『評価する』に相当する英語として、EvaluateとInvestigateとExploreをよく見かけるのですが、この3語の使い方に違いがあるのでしょうか?」

皆さんならこの質問にどう答えますか?

この3語の境界はけっこうグレーですし、英文では同一文内や同一パラグラフ内で同じ語句を繰り返し使うのを嫌がりますので、特にEvaluateとInvestigateは同じ意味として、とっかえひっかえ使われることが多いです。

しかし、特にメディカル翻訳では、ある程度の使い分けがされている様ですので、今日はこのことについてお話してみたいと思います。

✒ Explore

Exploreの大元の意味は「探検する」「探索する」で、そこから派生して 調査する⇒評価する という意味も生まれてきました。

探検する・・・と言うと、大航海時代にコロンブスやバスコ・ダ・ガマが、まだ見ぬ新大陸を求めて大西洋に漕ぎ出して行ったことをイメージしますが、まさにそのとおりで、Exploreの根源は「〈未知・未調査の場所〉‘を’『探検する』、実地調査する」と言うことです。従って、誰もまだ研究・調査したことがない様なことを評価する(調べる)際にExploreが使われることが多いです。

新薬の臨床開発で見ますと、ヒトでの検討を始めたばかりのPhase I 試験等の目的を述べる場合によくみかけます。新薬(新有効成分)ですから、Phase Iの段階ではまだヒトでの使用経験も少なく、色々なことが手探り状態です。この様に、誰も研究したことが無い、新しい調査・研究を行う様な際にはExploreを使うのが良いでしょう。

手近にあった医学論文を眺めていたら、試験の目的のところに次のような文章がありました。

To explore women’s views on the acceptability of being asked about mental health problems at antenatal booking.

antenatal booking=(英国などで)助産婦さんを予約すること、 mental health problem=精神衛生上の問題、 acceptability=受容性、容認性

和訳: 助産婦さんを予約する際に精神衛生上の問題について尋ねられることの可否(許容性)に関する女性の意見を評価(調査)すること(←ここでwomenは妊産婦を含む広範囲の女性を意味しています)

論文の内容を見ると「この様な研究(調査)は前例がない」と述べていますので、誰も研究したことが無い、新しい調査・研究を行うので、Exploreと表現した・・・ということです。

 

✒ Investigate

Investigateで直ぐに頭に浮かぶのは、警察や検察が行う捜査や、規制当局が行う査察ではないでしょうか。実はそのとおりで、Investigateの根源の意味は、(注意深く)〈問題・事件など〉‘を’『調べる』、『調査する』と言うことです。

警察の捜査や規制当局の査察は、かなりクロに近いと確信し、最後の確証を得るために行うのですが、時として、目算が外れてしまうこともあります。

新薬の臨床開発で見ますと、Phase I が終わって、いよいよ対象とする患者での有効性や安全性を評価するPhase II での試験の記述に、Investigateがよく出てきます。つまり、有効性や安全性にある程度の目安がついているので、さらに具体的・定量的な情報を得るために・・・と言うような時にはInvestigateが適している様です。

用例をメディカル文書で探してみました。

to investigate a time lag effect between these pollutants and occurrence of primary spontaneous pneumothorax (PSP).

primary spontaneous pneumothorax=原発性自然気胸、 pollutant=汚染物質、time lag effect=タイムラグ作用(効果)

和訳: これらの汚染物質と原発性自然気胸の発症の間でのタイムラグ作用(効果)を評価する(←a time lag effectと不定冠詞が付いていますので、有るか無いか解らないという感じ)

この様に、どうも有りそうなので、有るかどうかをはっきりさせ、有るならどの程度なのかを評価したい・・・と言うような試験や研究の際にInvestigateがぴったりくるようです。

 

✒ Evaluate

最後にEvaluateです。英英辞典でEvaluateを調べると、to judge how good, useful, or successful something isとありますので、「どのくらい良い、役に立つ、上出来かを判断する(結論付ける)こと」という意味になります。

新薬の臨床開発で見ますと、Phase II が終わって新薬の最適な用法用量が確定した後に、Phase IIIとして、既存の標準的な薬剤と比較して「どのくらい良いか、役に立つか、上出来なのかを判断する」際に、Evaluateがよく使われます。特に、最終的な判断をする際などに適用されることが多い様です。

以下の様な用例がありました。

We evaluated the efficacy and toxicity of 5-fluorouracil (5-FU) in patients with advanced gallbladder cancer in the placebo-controlled study.

5-fluorouracil=5-フルオロウラシル(5-FU)は、抗がん剤の一種です。 gallbladder cancer=胆嚢がん、 placebo-controlled study=プラセボ対照試験

和訳: 進行性の胆嚢がん患者を対象に5-フルオロウラシル(5-FU)の有効性および毒性をプラセボ対照試験で評価する。

5-フルオロウラシル(5-FU)をプラセボ(偽薬)と比較して、その有効性および毒性に決着を付ける・・・という感じでEvaluateは使われます。

********************

如何でしょうか、非常に荒っぽく言うと、海のものか山のものか解らない時にはExplore、白黒の決着を付ける時にはEvaluate、そして、その中間がInvestigateという感じで覚えておかれるとよろしいかと思います。

ご参考までに・・・

 

広告